とある愛香家の日記

香水に対する偏愛ばかりを書き連ねております

目次(Index)

この度は拙ブログにようこそお越しくださいました。Helenと申します。

このブログでは主に香水レビューを書いております。記事はメゾンごとにカテゴリーを分けており、不格好ではありますが、この記事を目次として使っていただければと思います。
今後とも宜しくお願いいたします。

Abel カテゴリーの記事一覧 - とある愛香家の日記

BYREDO カテゴリーの記事一覧 - とある愛香家の日記

CIRE TRUDON カテゴリーの記事一覧 - とある愛香家の日記

escentric molecules カテゴリーの記事一覧 - とある愛香家の日記

fueguia1833 カテゴリーの記事一覧 - Helenの日記

GUCCI カテゴリーの記事一覧 - Helenの日記

NICOLAÏ PARFUMEUR-CREATEUR カテゴリーの記事一覧 - とある愛香家の日記

Parfums MDCI カテゴリーの記事一覧 - とある愛香家の日記

puredistance カテゴリーの記事一覧 - Helenの日記

アトリエ・コロン カテゴリーの記事一覧 - Helenの日記

アニック グタール カテゴリーの記事一覧 - Helenの日記

アンジェラ・チャンパーニャ カテゴリーの記事一覧 - とある愛香家の日記

イルプロフーモ カテゴリーの記事一覧 - Helenの日記

ゲラン カテゴリーの記事一覧 - Helenの日記

シャネル カテゴリーの記事一覧 - Helenの日記

ジョーマローンロンドン カテゴリーの記事一覧 - Helenの日記

セルジュ・ルタンス カテゴリーの記事一覧 - Helenの日記

ダウンパフューム カテゴリーの記事一覧 - Helenの日記

ディプティック カテゴリーの記事一覧 - Helenの日記

パリエーリ カテゴリーの記事一覧 - とある愛香家の日記

パルファン サトリ カテゴリーの記事一覧 - Helenの日記

ヒーリー カテゴリーの記事一覧 - Helenの日記

ペンハリガン カテゴリーの記事一覧 - Helenの日記

メゾンフランシスクルジャン カテゴリーの記事一覧 - Helenの日記

ラルチザン パフューム カテゴリーの記事一覧 - Helenの日記

ランバン カテゴリーの記事一覧 - Helenの日記

ルイ・ヴィトン カテゴリーの記事一覧 - とある愛香家の日記

ルラボ カテゴリーの記事一覧 - とある愛香家の日記

 

夏に似合う香水14選(2020年版)

f:id:Heleninthegarden:20200713132428j:image

みなさま、お久しぶりです。

気がつくと去年の2月から記事を書けていませんでした。理由は、端的に言えば分析的な嗅ぎ方ができなくなったからで、「ここではこの香料がメインに感じられて、その次はこれが出てきて」…などと感じることがだいぶ難しくなりました。

しかし香水にハマり続けているのは事実で、細かな香料などのことを気にしながら纏うことはなくなったものの、ぼんやりと大まかなイメージで捉えその表情を楽しみ、自分にとって使いたいベストのシチュエーションを考えたり、体調や季節による香り方の違いを楽しみ同じ一本が見せる様々な表情に驚いたりと、長い目で一本一本と付き合うようになりました。

 

個人的な状況の変化としては、会社勤めを辞め、在宅フリーランスになりました。
そして任天堂のおかげで、自宅でのフィットネスにハマりました。外出自粛の社会状況もそれを後押ししました。
具体的には、任天堂Switchのソフトであるリングフィットアドベンチャー、フィットボクシング、ジャンプロープチャレンジをプレイしています。ほぼ毎日運動し、汗だくになって終わったらすぐシャワー!はー、最高。

 

新型コロナウイルスの流行で社会状況は大きく変化し、テレワークなどで自宅で過ごす人が増えたり、先に挙げたような自宅でできるフィットネスが人気です。

政府による緊急事態宣言は解除されましたが、これを書いているまさに今、第二波が日本を襲っている状況であり、今年の夏はどうなることやら、とニュースを見ながら思うことも多いですが、そんな新しい社会環境の中でも「とりわけこれは夏に似合うのではないか」と思う香水を14本ほどピックアップいたしましたので、読んでいただければ嬉しいです。

細かい香料や香りのコンセプトなどをお知りになりたい場合は、過去に記事を書いたものについてはリンクを貼っておきますので、そちらも併せてご参照ください。
私自身の感じ方は歳月を経て変わっているものも多いですが、香りのコンセプト、インスピレーション源、公開されている香料などに関しては毎回可能な限り公式サイト(海外の本国サイト含む)を読み込んで書いてきましたので、変わりはないと思います。

アフィリエイトはつけていませんので、ブログのアクセス数が増えたところで私には一銭も入りません!アクセス数稼ぎではありませんのでご安心を(?)。


前置きが長くなりましたが、ではスタート!


<NHK>2020応援ソング「パプリカ」ダンス ミュージックビデオ

(2020応援ソング 「パプリカ」の途中に出てくる子供たちの声で。2:50あたり。米津玄師バージョンは8月発売の新アルバムを買ってゲットする予定です!)

(写真左から)

1.アールフレグランス ノーブルオーキッド(春蘭)
グリーンフローラルで上品の極み。なよやか。
個人的には春を待ちわびる頃から、春の初めがベストシーズン。先日使ったら夏でもOKだと判明。

 

2.ザディファレントカンパニー セルドベティベル
ベチバーは根から取られる香料のため、基本的には根っこっぽい、土っぽい、どちらかと言うと重ための香料です。
しかしこれは軽やかなベチバーで、グレープフルーツやシーソルトなどと組み合わさり、熱苦しくない、大変スマートな作品になっています。カッチリしたオンの場面にも似合うので、個人的には自宅で仕事をする時につけたい。セリーヌ・エレナさん渾身のベチバー。

 

3.アムアージュ オーパスV
正直、これをどれだけ使うかは今年の夏がどれだけ猛暑かに寄ります。オマーンの香水でイリスとラムの豪華極まる饗宴。全く爽やかではなく、どっしりしていて厚みがあります。しかしそこは中東向け、暑い中でこそ本領を発揮。
でも実はこれよりリリックウーマンの方が好き(ボソ

 

4.ラルチザンパフューム モンニュメロ9
現在はボトルが変わって、透明なガラスのボトルに黄色の液体が入っています。
メインはレモン、シソ、パチュリで、単なる柑橘系に終わらない、骨のある香りが魅力です。
本国サイトには「コンセプトは日本の温泉から漂う、元気が出てくるような香り。コロンも温泉も、感覚を目覚めさせてくれます。」って書いてあるけどお前温泉入ったことないだろ。

 

あ、フランス人にとってはそうなのかな。お湯が熱すぎるのかな。そもそも温泉は硫黄の匂いでは…ゴニョゴニョ

お風呂っぽい香りをお探しなら、ペンハリガンのサボイスチームを勧めます。あちらはトルコ風呂(蒸し風呂)ですが、ひとっ風呂浴びた後のホワホワした感じが出ていて、かつローズマリーでハーバルなところもあるので夏にオススメです。(持っていません)

heleninthegarden.hatenablog.jp

 

heleninthegarden.hatenablog.jp



5.ラルチザンパフューム パッサージュダンフェ
旧日本名「地獄通り」。基本的にオールシーズン大丈夫な香りですが、非常にスッキリとしていて、名前とは裏腹に天に昇るような香り。お香がメインですが寺要素はなく、完全に教会っぽいです。

暑い中帰ってきて、シャワーを浴びた後につけたい香りです。
割とプッシュ数は多くてもOK、拡散性も低く、精神鎮静作用はピカイチ。なお、地獄通りはブランドのお店が昔あったフランスの通りの名前です。どんなネーミングだ…

heleninthegarden.hatenablog.jp
 

6.フエギア カルケハ
一度廃番になったものの、おそらく今再販されてます。
トワレより更に軽い、トニコシリーズ。でも持続力はそこそこ。4プッシュがパルファム1プッシュ相当と言われたけど、そこまでプッシュする必要性があるかは気候次第。香りがすぐ飛ぶ真夏ならプッシュ数を多少増やしてもいいかも。お店の人からは12プッシュぐらいを勧められましたが、多分それやったら私は死ぬ。
香りはちょっと形容しがたく、アルゼンチンの植物がメインらしいので日本人としては馴染みのない香り。でも親しみやすいとは思います。苦みが特徴と説明されるけど、私にとっては苦くないし、人によっては甘く変わるみたい。
ぼや~っと切れ味がなくなり上手く香らない時と、綺麗に香る時の差が激しく、そもそもこのブランドの香水は季節の影響を受けやすいのですが、色んな季節に使ってみてください。意外と冬の方が綺麗に香るかも。

 

7.ディプティック オードリエル
ツタの香り。とはいえツタから香料は取れないので、あくまでイメージ。端的に言って軽めのグリーンです。ガルバナム、 シクラメン、 ローズウッドだけどそんなに私はウッディには感じません。光の速さでいなくなる(=香りを全く感じられなくなる)ので、大丈夫かと言いたくなる。一日の中で何度も付け直すのがおそらく正解なのでしょう。でも私だったら、消えた後は気分を変えようと他の香りをつけると思います(笑)

 

8.トゥルドン II(ドゥ)
これはガチで森の匂い。森系の香りには詳しくありませんが、森そのものをテーマにした香り自体それほど多くはない印象で、森と言ってもウッディが強かったり、グリーンが葉っぱの爽やかさであったり、腐植土の匂いを強調していたりと、森のどこかの側面を強調したものが多いように思います。
これは森そのもの、森全体を身体で感じられます。
しかし代理店の都合でブランドの日本撤退が決まっており、現在は在庫の売り切れ次第販売終了という状況になっています。

 

9.パルファンサトリ ミズナラ
個人的ベストシーズンは初夏。ミズナラの林を駆け抜けていく風と、ウィスキーの樽香、オーセンティックバーの木のカウンター…ということで、ウッディだけど軽さもあり、私としては涼風が吹き抜けていくような印象を受けます。

 

10.パルファンサトリ 苔清水
いつが一番いいんだろ。
確か屋久島がイメージ。まさに清流のような香り。でも若干モワッとしたところがあります(=完全にスッキリというよりは丸みがある)。去年の6月にボトルを購入しましたが、その年の夏は南の国で1ヶ月過ごし、暑すぎてほとんど香水をつける気にもならず、結果あまり使わず。今年リベンジします。

heleninthegarden.hatenablog.jp

 

(左下へ)

11.ラルチザン タンブクトゥ
今は100mlのみの取り扱いで、50mlボトルは消えました。そういうのやーめーてーよー!(※ラルチザンではよくある話)

これは頂き物で、何本かミニボトルがセットになったものに入っていたそうです。
西アフリカのマリに伝わる“恋人を虜にする香料”からインスパイアされた香り。アフリカ原産の香料が使われています。雑にくくるとウッディ系だと思いますが、非常に艶のあるエロい香りです。

しかしかなり独創的で、変わり物好きな人には勧めますが、モテ香水としてはお勧めしません。異性ウケを狙うと、相手も変わった香りが好きでない限り、多分「この人って個性的(変わり者)なのかな」と思われます。ご注意を。

heleninthegarden.hatenablog.jp

 

12.武蔵野ワークス 菖蒲の葉

日本の優しい香水を作る、実店舗を持たないブランド。強く香ることがなく、持続力もないとブランド自身は言っていますがモノによっては長ーく香ります。具体的に言うとジャスミンはかなり長く香っていました。
25ml、4ml、モノによっては1mlサイズまで展開。そもそもそんなに量を使わない日本人にとっては天国のようなラインナップ。刮目すべきはその値段、25mlで3800円、4mlで880円。実店舗では試せないけど、オンラインで買って失敗しても、これならお財布が痛くない!!
嫌な香り方をしない、種類が多い、わかりやすいタイトルの香水が多く、「そうそうこれが欲しかった!」という香りがある、そして一見シンプルながら作り込まれているという点で推せます。良心の塊。

と、ブランドについて熱く語ったところで、菖蒲の葉自体はグリーンウッディです。

公開されている香料は、

トップ:レモン、シトロネラ、ユーカリ など。
ミドル:ジンジャー、ローズ、ゼラニウム など。
ボトム:シダーウッド、サンダルウッド、ガイアックウッド など。

カタカナが並んでいますが、不思議と日本の葉っぱの匂いを思わせるから素敵です。

 

13.武蔵野ワークス ヘルシンキ空港

フィンランドヘルシンキ空港をイメージした香水。

これぞ夏に使いたい!!ミント、シトラス、針葉樹林!!

スペアミントは冷涼な北欧の空気の象徴だそうです。ミントの香りが欲しい人にお勧め。
※ちなみにもう一つのミント香水、スノーミントは未体験です。

あ、雰囲気がほんの少しアニック・グタールのニュイエトワーレ(日本語訳:『星降る夜』。廃番)に似ているかもしれない。ミントとシトラスと針葉樹。あちらの方がロマンティック、こちらの方が空港の開放感、スマート・スタイリッシュさを感じますけれど。

 

14.ピュアディスタンス シェイドゥナ

オールシーズン行けますが個人的には夏に推したい!キリッとしたオリエンタルで甘すぎない。オリエンタルというと秋冬のイメージですが、むしろ夏にオススメ。オリエンタルセンシュアリティとフレンチシックの融合がテーマ。
おそらく簡単に形容するとアンバーローズなのですが、煌めきがあります。特にトップがキラキラキラキラッ…と立ち上ってくるのは堪らない愉悦です。ありがとうセシル・ザロキアン!(オリエンタルの女王と呼ばれる調香師。パリの方向に向かって合掌)

多少酸味がありシャープなところがあるのですが、夏は暑さと湿度でそれがマイルドになり、パルファム濃度であることからジワジワと身体から香気が立ち上がり、なおかつ持続力もあります。

 

シェイドゥナはお家エクササイズに最もオススメ!
体温が上がり汗も吹き出る中、煌めき揺らめき立ち昇るようなシェイドゥナの香りはぴったり。
ピュアディスタンスの他の香りに比べてクラシック度が低く、気負わずにカジュアルにつけられるのもポイント。
私の場合、クラシック(古風と言い換えてもいい)で古き良き時代を彷彿とさせるものをつける際は服装も合わせたく、スポブラにドライ素材のトップス、ヨガパンツで運動する時にはあまり使いたくありません。
その点シェイドゥナはエクササイズの時につけても全く問題なし、むしろスタミナが向上して、普段より長く運動を頑張れるような気さえします。
ジムだと香水はつけづらいと思いますので、お家で運動する時にぜひ!!

 

heleninthegarden.hatenablog.jp

 

一般的に夏向けとされるシトラス系の香水は、つけた瞬間はリフレッシュできますが、香料の特性上すぐ飛ぶものが多いと言われていますので、長い時間香水を楽しみたいのであれば、シトラス系トワレなどよりも、他のパルファム濃度のものがオススメです。

 

シトラス系でパルファム濃度のものは少ないです。コロンかトワレがほとんどだと思います。シトラス系でも持続力を持たせようとしたブランドがアトリエ・コロンだったのですが、残念ながら日本から撤退してしまいました。


濃度の薄いコロンやトワレほど拡散性が高い傾向にありますので、ジワジワ来る香りが欲しい場合は濃度が高めのものをお勧めします。
ただ、パルファム濃度(15%以上)であっても、オードパルファム(EDP、本来は10~15%)の名称で売られているものも多いので、その辺りは店員さんに聞いてみてください。

 

みなさまの夏が最高のものになりますように!

Fatih Sultan Mehmed(Fort & Manlé)

Fort & Manléはオーナー調香師Rasei Fortによるメルボルンのブランド。Raseiは独学で調香を学んだトルコ系の人。自身のルーツに基づく作品を多く作っており、Fatih Sultan Mehmedもそのひとつです。Manléはブランド初期の頃スケッチを描いてデザインをしていた人の名前とのこと。

ブランドロゴはトランプのジョーカーのような、宮廷道化師の顔。インタビューの中でRaseiは「私は調香を正統な方法で学んでいないため、香水の世界で王族たちの中にいる宮廷道化師のような気持ちでいます。私はむしろジョーカーに近いのです」と述べています。

Fatih Sultan Mehmedはメフメト2世からインスパイアされた香水で、当時の贅ー王宮の庭や、スルタン達が纏っていた香水、香油ーを捉え、富を象徴し、メフメト2世に敬意を表していると言います。

https://www.fragrantica.com/news/Fort-Manle-Oriental-Perfumes-from-Melbourne-10429.html

 

メフメト2世はオスマン帝国の第7代スルタンで、コンスタンティノープルを陥落し、ビザンツ帝国を滅ぼした人物。30年以上に渡る征服事業から「征服者(Fatih)」と呼ばれました。その一方、イスラーム以外の文化にも理解を示し、宮廷には国際的な空気が流れ、ペルシャやトルコの詩人、アラブやギリシャ天文学者、イタリアの学者や芸術家を抱えていたようです。策士でもあり、70隻以上の船を建造させたのだとか。

 

トップノートはベルガモット、アップル、プチグレン。中でもアップルが主に香ります。とてもジューシーでフルーティー

やがてローズ、チューリップ、イリスのフローラルノートがバニラ、ベンゾイン、アンバーの甘さと共に香ります。メフメト2世は園芸に熱中しており、遠征先でもユリ、チューリップ、スイセン、バラなどの植物を探し宮廷に持ち帰っていたとウィキペディアにあるので、おそらく花々のチョイスはこのようなエピソードによるものでしょう。

アンバーグリスのしょっぱさがボスフォラスの思い出を表現し、ラストはシダー、パチュリ、ウード。…なのですが、これらは控えめ。全体的な印象としては「バニラや樹脂によって絶妙な甘さをプラスされたエキゾチックな林檎」で、アップルのフルーティーさが割と最後まで残ります。

ディスカバリーセットで新作のForty Thieves以外は全て嗅ぎましたが、Fort & Manléの香りは大変独創的で、フルーツとフローラルとウッディの香料が賑やかにわいわいと香る生き生きとした香水ばかりです。中でもFatih Sultan Mehmedはとびきりチャーミング。メフメト2世は実はお茶目だったんだろうか…と思わせるような調香です。

ROSE31(LE LABO)

女性のシンボルとされるグラースの薔薇を男女関係なく纏えるフレグランスに、というのがコンセプト。男性にも、薔薇を。使われているのはセンティフォリアローズだそうです。

 

最初は思いっきりクミンが前に出ます。えっ、カ、カレー⁈⁈と思いきや、割りとすぐにクミンは後ろに下がります。スパイシーでウッディなローズ。甘みはありません。私の肌だとローズはツンツンと酸っぱくシャープに香りがちなのですが、このローズは尖りすぎることなく香ってくれます。瑞々しい生の薔薇というよりはドライフラワーのイメージが近いかもしれません。乳香とスパイスが使われていますが、オリエンタルな印象は受けず、一言で言えば、「お洒落」。アンバー、シダー、ガイアックウッド、さらにシスタス、全てがちょうどよくブレンドされています。やがて体感的にはローズ5割(ただし花だけでなく土も含む)、スパイシー・ウッディ5割の滑らかで穏やかな香りに落ち着きます。

ローズの香りが気になるけど、フェミニティを前面に押し出してくるやつは好きじゃない、もっとかっこいいローズはないのか…?とお探しの方にトライしていただきたい一本です。

EN PASSANT(FREDERIC MALLE)

オリヴィア・ジャコベッティ作。意味は「通りすがりに」。春、女性達がコットンのドレスに身を包み、陽に当たり肌を温めると、田舎にライラックの匂いでいっぱいの優しい風が吹く。

 

White lilac accord, Petit grain, Cucumber, Wheat absolute, White musk, Cedar

 

ライラックの花がメイン。そこにキューカンバーが瑞々しさを、麦がどこか春の日向を思わせる温かさを添えます。軽やかで控えめ。

一見シンプルなこのフローラルは、複雑で豪華絢爛!いかにもラグジュアリィ!な香りではないものの、香料が絶妙なバランスで配合されていて、纏う人の心をそっと掴みに来る、罪作りな香水だと思います(褒めてます)。忘れられないというのもわかる。ネットでクチコミを見ていると、キューカンバーの瓜っぽさが人によっては受け付けないこともあるようなので、肌で試してから購入されるのをお勧めします。私も瓜系は得意ではないのですが、これはキューカンバーが香りに瑞々しさを加えている程度であまり気になりませんでした。

まだ少し肌寒いけど、確実に春が近づいていることを実感できる日にこの香りを纏いたいと思います。

B683(MARC-ANTOINE BARROIS)

フランスのクチュリエから出ている香水です。

 

B683は2人の若いデザイナーが出会った結果作られました。一人はクチュリエ、一人は調香師。彼らの子供時代の思い出が二人の距離を近づけました。エレガントなアタッシュケースや無傷のデスクブロッター(上に大判の吸い取り紙が敷かれているデスクマット)の革の匂いや、家族が集う時間に身体を温めてくれる、燃料の木の特徴的な匂いなどの、魅力的な匂いを思い出しながら。

(ブランド公式サイトより)

 

B683というのは、「星の王子さま」に出てくるB612のような、架空の惑星の名前です。

 

Fragrance Notes:
Black Pepper, Saffron, Chili Pepper, Nutmeg, Violet Leaf, Amber, Cistus Absolute, Musk, Patchouli, Santal Wood, Oakmoss, Ambroxan

(アメリカの香水店Twisted Lilyサイトより)

https://twistedlily.com/shop/eau-de-parfum/b683/

 

一番最初にスプレィした瞬間はかなりメンズ寄りなのかな?と感じましたが、それもほんの一瞬で、香りの物語が展開しはじめるとユニセックスとして使える印象を受けました。とても穏やかで滑らかな匂い。ミドルのバイオレットリーフ、ラブダナム、そしてムスクがしっとり優しく香ります。ひんやりとした冷たいレザーを触っているかのように、とても心地よく、何度も深呼吸したくなります。ベースへと移るとパチュリとサンダルウッドが優しく香り、やがて纏う人の意識を邪魔することなく綺麗に消えていきます。

何回かつけてみて、私は宇宙をイメージしました。もしかしたら、B683という架空の惑星の名前がそう感じさせるのかもしれませんが、独自の世界観を持っているのは間違いありません。それと同時に、家の中の温かな雰囲気も感じられます。きっと製作者二人の子供時代の思い出は、幸せなものだったんだろうな、と想像できます。

丁寧に作られたんだろうなというのが伝わってくる、端正な香水です。肌から決して離れず、吸い付くように香ります。声は決して大きくなく、穏やかな口調で話し、無駄口は一切聞かないスマートな大人の男性をイメージします。

FILLE EN AIGUILLES(Serge Lutens)

日本語での名前は「松林の少女」。以前は50mlが13,000円ほどで買えたそうですが、現在は通常ラインから外れ、高級ラインGRATTE-CIELのひとつとして復活、しかし100ml290ユーロとはこれいかに。

 

「松葉。樹脂、陽の光、蝉と背の高い松の木々の陰。松葉が足をチクチク刺すけど、浜辺の松林は素晴らしいものだ!」(英語サイトより)

 

使われているのは松葉、樹液、香油、ベチバー、ローレル。

松の清々しい香りに、樹液を思わせるシロップのようなさらりとした甘さ。ローレルが入っていると知り、それも清涼感の正体かと納得しています。

リラックス効果が高く、精神の鎮静作用がある香りです。お出かけに使っても良いけど、個人的には家で内省する時間につけたい。液体の色がとても濃い(焦げ茶)ので、真っ黒な服を着て、ダークなルタンスの世界に浸りたいと思います。