とある愛香家の日記

香水に対する偏愛ばかりを書き連ねております

目次(Index)

この度は拙ブログにようこそお越しくださいました。Helenと申します。

このブログでは主に香水レビューを書いております。記事はメゾンごとにカテゴリーを分けており、不格好ではありますが、この記事を目次として使っていただければと思います。
今後とも宜しくお願いいたします。

Abel カテゴリーの記事一覧 - とある愛香家の日記

BYREDO カテゴリーの記事一覧 - とある愛香家の日記

CIRE TRUDON カテゴリーの記事一覧 - とある愛香家の日記

escentric molecules カテゴリーの記事一覧 - とある愛香家の日記

fueguia1833 カテゴリーの記事一覧 - Helenの日記

GUCCI カテゴリーの記事一覧 - Helenの日記

NICOLAÏ PARFUMEUR-CREATEUR カテゴリーの記事一覧 - とある愛香家の日記

Parfums MDCI カテゴリーの記事一覧 - とある愛香家の日記

puredistance カテゴリーの記事一覧 - Helenの日記

アトリエ・コロン カテゴリーの記事一覧 - Helenの日記

アニック グタール カテゴリーの記事一覧 - Helenの日記

アンジェラ・チャンパーニャ カテゴリーの記事一覧 - とある愛香家の日記

イルプロフーモ カテゴリーの記事一覧 - Helenの日記

ゲラン カテゴリーの記事一覧 - Helenの日記

シャネル カテゴリーの記事一覧 - Helenの日記

ジョーマローンロンドン カテゴリーの記事一覧 - Helenの日記

セルジュ・ルタンス カテゴリーの記事一覧 - Helenの日記

ダウンパフューム カテゴリーの記事一覧 - Helenの日記

ディプティック カテゴリーの記事一覧 - Helenの日記

パリエーリ カテゴリーの記事一覧 - とある愛香家の日記

パルファン サトリ カテゴリーの記事一覧 - Helenの日記

ヒーリー カテゴリーの記事一覧 - Helenの日記

ペンハリガン カテゴリーの記事一覧 - Helenの日記

メゾンフランシスクルジャン カテゴリーの記事一覧 - Helenの日記

ラルチザン パフューム カテゴリーの記事一覧 - Helenの日記

ランバン カテゴリーの記事一覧 - Helenの日記

ルイ・ヴィトン カテゴリーの記事一覧 - とある愛香家の日記

ルラボ カテゴリーの記事一覧 - とある愛香家の日記

 

LA DOUCEUR DE SIAM(Parfums Dusita)

Parfums Dusitaはタイ人調香師Pissara 'Ploi' Umavijaniをオーナーとするブランドです。Dusitaとは楽園ーただの楽園ではなく、心の中で幸せを感じている時の楽園ーを意味します。ピサラさんの亡くなられたお父様Montri Umavijaniは詩人で、Dusitaの香水はお父様の詩に敬意を表して作られています。

「私達は模倣できない素晴らしいフレグランスを作ろうとしています。真に趣向を凝らした香水を。シャムのエレガンスで彩られた、伝統的なフランスの洗練を。」

(ピサラさんご自身が、ヴィンテージ香水コレクターなのだそうです。)

Dusitaでは伝統的なフランスのパフューマリーに、シャムの儀式で使われてきた香料(ジャスミン、セージ、ローズ、蜜蝋、サンダルウッドなど)を使用しています。

 

今回ご紹介するのは「シャムの優しさ」と題されたEDPです。200年前のタイ人女性をイメージして作られた香水です。

トップから主に香るのはローズドメで、そこにフランジパニ、チャンパカなどの南国の花が加わります。カーネーション、イランイラン、バイオレットリーフもトップノートに使われています。

ミドルではシナモンと、タイのチャルードの樹皮(昔のシャムで使われていた、ウッディでバニラのような香りがするものなのだそうです)が使われ、なんとも言えない滑らかな甘やかさが加わります。

ベースノートはバニラ、マイソール産サンダルウッド、アンバー、アンバーグリスです。最後にサンダルウッドが低音で響いているのが心地よく感じられます。

 

大変美しい香りで、異国情緒も感じますが、南国ムードに強く傾きすぎることはなく、洗練されたヨーロッパのイメージと、タイトルどおりの「シャムの優しさ」が融合した、まさにブランドの哲学が形になったような香水だと思います。

Dusitaの香水は何種類か試しましたが、かなり個性的なものも多く、その中でもこれは使いやすいように感じました。

OPUS V(Amouage)

アムアージュは1983年にオマーンのスルタンによって設立されたブランドです。「世界一高級な香水のひとつ」とも言われています。オマーン特産のフランキンセンス(乳香)をよく使っていることでも知られています(Opus Vには使われていません)。

 

Opus VはLibrary Collectionのひとつ。伝統的な、そして近代的な知識の広まり方(インターネット)にインスパイアされたフローラル・ウッディフレグランス。

(Library Collectionは、図書館や科学など、知識の在り方にインスパイアされた香水が多いです)

 

Top: Orris Absolute, Rhum.

Heart: Orris Concrete, Rose, Jasmine.

Base: Agarwood, Civet, Dry Wood Accord.

 

トップはジューシーで、豪華絢爛。百花繚乱、という言葉が思い浮かびます。フローラル系の香料はミドルノートにクレジットされていますが、ミドルよりもトップの方が花が咲き乱れている印象です。オリスと花々の宴を楽しむことができます。ラムのためか、「美しい香りに酔いしれる」という表現がぴったり。ミドルに移ると落ち着いたオリスの根の香りへと変わります。同じオリスでも、私はミドルの方が根っこっぽく感じます(注:オリス/アイリスはニオイアヤメの根茎から採られる香料)。ちなみにコンクリートとは生の植物から揮発性溶剤を使って抽出して得る物質のことで、アブソリュートはコンクリートの溶解性部分を、熱を使わない方法で抽出し得られる物質のことです(…とはいえ、私は嗅ぎ分けられません汗)。香りの出力自体もだいぶ落ち着きます。

やがて、香りになんとも言えない渋めの奥行きと深みが出てきます。これはベースノート香料の成せる業。ウード(Agarwood)度合いはあまり強くないため、ウードに苦手意識がある方でもトライできると思います。

華やかなトップも、落ち着いた根っこっぽいミドルも、深みのあるラストも私は全部好きです。

 

ちなみに、オマーンではアムアージュの工場見学もできるそうです。行ってみたいですね。

CHELSEA FLOWERS(Bond No.9)

ボンド・ナンバーナインが作る香りは全てニューヨークの街へのオマージュ。ブランドの名前は、ニューヨークのNOHO地区にあるボンドストリートの9番地で誕生したことから。

 

英語版公式サイトによると…

ミッションは2つ。パフューマリーを芸術品として位置付けること。そしてニューヨークにある地域に対し、それぞれ香りを作ることで、街に敬意を払うこと。

ベストセラー「セントオブピース」は世界平和を唱え、また「リバティアイランド」(注:自由の女神がある島)は自由と多様性を称えています。

https://www.bondno9.com/philosophy.html

 

幸運にもサンプルをゲットしました。包みが飴かチョコレートっぽい!

f:id:Heleninthegarden:20180731123705j:image

 

フルボトルはボンドナンバーナイン特有の星形というかヒト型。高級感を演出するというよりは、ポップなアートと言った風情です。こんな感じ:

isetan.mistore.jp

 

チェルシー地区には青果・生花市場があり、その一方で、劇場や芸術ギャラリーがある街です。紙で包まれた新鮮な花束が、アートギャラリー、クラブ、レストランが軒を連ねる、ニューヨークの最新アートスポットに彩りを添えます。

香調はフローラルフレッシュで、公式で明かされている香料はWhite peony, white hyacinth, musk。
海外の香水コミュニティサイトfragranticaを見ると、peony, tulip, hyacinth, magnolia, rose, musk, sandalwood, vetiver, mossが使われているとの情報もあります。

 

チェルシーフラワーはまさしく「春の香り」。花束を抱えた時に感じる、花だけではなく葉っぱや茎の緑の匂いも感じられます。青果・生花市場のある地区を表現したというのに納得。喜びに溢れた、瑞々しく、フレッシュな香りです。晴れた青い空が思い浮かびます。

少量でよく香るようで、家の中でつけていたら数メートル離れたところから家族に気づかれました。

 

さて、ボンドの話になると決まって出て来るのが値段のことですが、以前50ml25,380円だったのが2018年2月1日から33,372円になりました。都会のセレブ向けブランド路線を強めたということでしょうか。本国サイトを見ると50mlが215USドルで買えるようなのですが、この違いはどこから来るんでしょうね。

Ambre Topkapi(Parfums MDCI)

Parfums MDCIから、Ambre Topkapiをご紹介します。

調香師はPierre Bourdonです。

 

Top: bergamot, grapefruit, pineapple, cardamom, cinnamon, ginger, thyme, absinth, lavender

Heart: jasmine, lily of the valley, violet

Bottom: oak foam, patchouli,vetiver, rosewood, sandalwood, raspberry, Darjeeling tea, amber, vanilla, musk

 

つけた瞬間の印象は、スーパークール。

ジンジャーのスパイシーさとともに、タイム、アブサン、ラベンダーがハーバルに香り立ちます。

ミドルに移ると、清涼感が強かったラベンダーに柔らかさが出てきて、その風に乗ってジャスミンやリリーオブザバレーが花開きます。

ラストは表層にラベンダー、下層にベース系の様々な香料が一体となって香ります。中でも白檀が感じられ、こんもりとした香りに包まれます。最後にはバニラとムスクが残ります。

 

タイトルにはアンバーとあるもののほとんど表立っては感じず、どちらかというとラベンダーが主役です。

メーカー公式サイトではメンズ香水に分類されてはいますが、女性が纏ったら(女性用香水にはラベンダーのものが少ないので)意外性があるかもしれません。香り自体に奇をてらったところはなく、まっすぐで王道を行くラベンダー香水という印象を受けました。胸板は厚めです。

SAVOY STEAM(PENHALIGON’S)

2017年発表のEDPです。

HEAD:チュニジアローズマリー、ピンクペッパー

HEART:ローズ、ゼラニウムアブソリュート

BASE:インセンス、ベンゾイン

 

香水を身に纏う時、小難しい顔をしていませんか?私は結構香りの正体を探りながら嗅ごうとしてしまうため、少し難しく考えすぎていることが度々あります(それがまた楽しいのですけれども)。

しかしこの香水は、難しいことをなーんにも考えなくても良い香り。むしろ、難解な思考を拒否されます。それもそのはず、ターキッシュバス(トルコ風呂)がテーマだから。ローズの香るスチームミストや、薔薇の花びらが浮かぶお湯。私はローズマリーを一番強く感じます。ハーバルな香りに頭の中はリラックス。ひとっ風呂浴びて、「ああ良い湯だったな」(トルコ風呂は蒸し風呂なので湯船に浸かるのとはまた違うのでしょうけれども)となる香りです。


このサボイスチームはペンハリガンの最初の香水「ハマンブーケ」にオマージュを捧げたもの。ペンハリガンはもともとロンドンのジャーミン ストリートにある理髪店でしたが、同じ建物に入っているターキッシュバスの蒸気の香りにインスパイアされ、1872年にハマンブーケが発表されました。

ちなみに、サボイスチームのインスピレーションの源は、ジャーミン ストリートの角を曲がったところにあるデューク オブ ヨーク ストリート12番地にあった女性用のターキッシュバス「サボイ ターキッシュバス」だそうです。

VETYVER(LE GALION)

元々は1968年に発表されたものを2015年に蘇らせた香水(EDP)です。元の調香師はPaul Vacherで、復刻はThomas Fontaineが担当しました。

ガリオンは1930年創業、1935年にPaul Vacherがオーナー就任、1936年にフローラルアルデヒドの香水「ソルティレージュ」が大成功を収めながらも1980年代にはアメリカの企業に売却され、低価格戦略でブランド価値は低下、フレグランス業界から名前を消します。しかし2014に新オーナーNicolas Chabotの手により復活。当時の調香を復刻すると同時に、新しい香水も生み出しています。

ちなみに、Paul Vacherはアルページュ(アンドレ・フレイッスと共同で作ったもの)やミス・ディオールの生みの親でもあります。

 

香調:アロマティック ファーン

Head notes: スパイシーベルガモット、イタリアン マンダリン、ナツメグコリアンダー

Heart notes:クラリセージ、ラベンダー、プチグレン、タラゴン、ヴァーベナ

Base notes:ベチバー、サンダルウッド、トンカビーン、ムスク

 

1968年頃のフェミニズムの気運が高まるにつれPaul Vacherが作り出した、真に男性向けのフレグランス。

…と、公式サイト(英語版)で過去の経緯を説明しながらも、現在のルガリオンの日本向けパンフレットではユニセックス向けとなっています。メンズ寄りかとは思いますが、確かに今の時代であれば女性がつけても違和感はなく、発表当時のことはわかりませんが、もしかしたら社会のジェンダー観が変わっているのかもしれません。

http://www.legalionparfums.com/vetyver

 

プッシュした瞬間、気品溢れる香りが飛び出します。少し癖のある、スノッブシトラスです。ナツメグコリアンダーなどのスパイスが気分を引き上げてくれます。

ミドルはクラリセージ、ラベンダーとヴァーベナのハーバルな香り。しばらくすると表層でハーブがアロマティックに香る一方、深層からこんもりとした土っぽさが徐々に出てきて、ベチバーが主役のラストノートへと変わります。

 

ただし私の場合、ベチバーがあまり強く出てこない日があったのも事実で、その時はラストがサンダルウッドメインとなり、ミドルのハーバルからクリーミーな香りに変化しました。気温や湿度、また私自身の肌のコンディションに左右されていると思われ、どちらに多く振れるかは纏う人の個性によるのかな?と思います。

 

全体としてドラマティックに香りが変わっていくので、変化を楽しみたい方にお勧めです。ただ、先述の通りベチバーが必ず出ると言うことはできず、名前の通り「思いっきりベチバー!」な香水を期待すると、人によっては「あれ?」となるかもしれません。

 

イメージとしては、スマートに物事をこなしていく、ジャケットを着た細身の紳士です。クラシカルな面立ちで、どちらかというと、ジャケット姿に似合うと思います。少しかっちりめにお洒落して出かけたい時にお勧めです。