とある愛香家の日記

香水に対する偏愛ばかりを書き連ねております

目次(Index)

この度は拙ブログにようこそお越しくださいました。Helenと申します。

このブログでは主に香水レビューを書いております。記事はメゾンごとにカテゴリーを分けており、不格好ではありますが、この記事を目次として使っていただければと思います。
今後とも宜しくお願いいたします。

Abel カテゴリーの記事一覧 - とある愛香家の日記

BYREDO カテゴリーの記事一覧 - とある愛香家の日記

CIRE TRUDON カテゴリーの記事一覧 - とある愛香家の日記

escentric molecules カテゴリーの記事一覧 - とある愛香家の日記

fueguia1833 カテゴリーの記事一覧 - Helenの日記

GUCCI カテゴリーの記事一覧 - Helenの日記

NICOLAÏ PARFUMEUR-CREATEUR カテゴリーの記事一覧 - とある愛香家の日記

Parfums MDCI カテゴリーの記事一覧 - とある愛香家の日記

puredistance カテゴリーの記事一覧 - Helenの日記

アトリエ・コロン カテゴリーの記事一覧 - Helenの日記

アニック グタール カテゴリーの記事一覧 - Helenの日記

アンジェラ・チャンパーニャ カテゴリーの記事一覧 - とある愛香家の日記

イルプロフーモ カテゴリーの記事一覧 - Helenの日記

ゲラン カテゴリーの記事一覧 - Helenの日記

シャネル カテゴリーの記事一覧 - Helenの日記

ジョーマローンロンドン カテゴリーの記事一覧 - Helenの日記

セルジュ・ルタンス カテゴリーの記事一覧 - Helenの日記

ダウンパフューム カテゴリーの記事一覧 - Helenの日記

ディプティック カテゴリーの記事一覧 - Helenの日記

パリエーリ カテゴリーの記事一覧 - とある愛香家の日記

パルファン サトリ カテゴリーの記事一覧 - Helenの日記

ヒーリー カテゴリーの記事一覧 - Helenの日記

ペンハリガン カテゴリーの記事一覧 - Helenの日記

メゾンフランシスクルジャン カテゴリーの記事一覧 - Helenの日記

ラルチザン パフューム カテゴリーの記事一覧 - Helenの日記

ランバン カテゴリーの記事一覧 - Helenの日記

ルイ・ヴィトン カテゴリーの記事一覧 - とある愛香家の日記

ルラボ カテゴリーの記事一覧 - とある愛香家の日記

 

Fatih Sultan Mehmed(Fort & Manlé)

Fort & Manléはオーナー調香師Rasei Fortによるメルボルンのブランド。Raseiは独学で調香を学んだトルコ系の人。自身のルーツに基づく作品を多く作っており、Fatih Sultan Mehmedもそのひとつです。Manléはブランド初期の頃スケッチを描いてデザインをしていた人の名前とのこと。

ブランドロゴはトランプのジョーカーのような、宮廷道化師の顔。インタビューの中でRaseiは「私は調香を正統な方法で学んでいないため、香水の世界で王族たちの中にいる宮廷道化師のような気持ちでいます。私はむしろジョーカーに近いのです」と述べています。

Fatih Sultan Mehmedはメフメト2世からインスパイアされた香水で、当時の贅ー王宮の庭や、スルタン達が纏っていた香水、香油ーを捉え、富を象徴し、メフメト2世に敬意を表していると言います。

https://www.fragrantica.com/news/Fort-Manle-Oriental-Perfumes-from-Melbourne-10429.html

 

メフメト2世はオスマン帝国の第7代スルタンで、コンスタンティノープルを陥落し、ビザンツ帝国を滅ぼした人物。30年以上に渡る征服事業から「征服者(Fatih)」と呼ばれました。その一方、イスラーム以外の文化にも理解を示し、宮廷には国際的な空気が流れ、ペルシャやトルコの詩人、アラブやギリシャ天文学者、イタリアの学者や芸術家を抱えていたようです。策士でもあり、70隻以上の船を建造させたのだとか。

 

トップノートはベルガモット、アップル、プチグレン。中でもアップルが主に香ります。とてもジューシーでフルーティー

やがてローズ、チューリップ、イリスのフローラルノートがバニラ、ベンゾイン、アンバーの甘さと共に香ります。メフメト2世は園芸に熱中しており、遠征先でもユリ、チューリップ、スイセン、バラなどの植物を探し宮廷に持ち帰っていたとウィキペディアにあるので、おそらく花々のチョイスはこのようなエピソードによるものでしょう。

アンバーグリスのしょっぱさがボスフォラスの思い出を表現し、ラストはシダー、パチュリ、ウード。…なのですが、これらは控えめ。全体的な印象としては「バニラや樹脂によって絶妙な甘さをプラスされたエキゾチックな林檎」で、アップルのフルーティーさが割と最後まで残ります。

ディスカバリーセットで新作のForty Thieves以外は全て嗅ぎましたが、Fort & Manléの香りは大変独創的で、フルーツとフローラルとウッディの香料が賑やかにわいわいと香る生き生きとした香水ばかりです。中でもFatih Sultan Mehmedはとびきりチャーミング。メフメト2世は実はお茶目だったんだろうか…と思わせるような調香です。

ROSE31(LE LABO)

女性のシンボルとされるグラースの薔薇を男女関係なく纏えるフレグランスに、というのがコンセプト。男性にも、薔薇を。使われているのはセンティフォリアローズだそうです。

 

最初は思いっきりクミンが前に出ます。えっ、カ、カレー⁈⁈と思いきや、割りとすぐにクミンは後ろに下がります。スパイシーでウッディなローズ。甘みはありません。私の肌だとローズはツンツンと酸っぱくシャープに香りがちなのですが、このローズは尖りすぎることなく香ってくれます。瑞々しい生の薔薇というよりはドライフラワーのイメージが近いかもしれません。乳香とスパイスが使われていますが、オリエンタルな印象は受けず、一言で言えば、「お洒落」。アンバー、シダー、ガイアックウッド、さらにシスタス、全てがちょうどよくブレンドされています。やがて体感的にはローズ5割(ただし花だけでなく土も含む)、スパイシー・ウッディ5割の滑らかで穏やかな香りに落ち着きます。

ローズの香りが気になるけど、フェミニティを前面に押し出してくるやつは好きじゃない、もっとかっこいいローズはないのか…?とお探しの方にトライしていただきたい一本です。

EN PASSANT(FREDERIC MALLE)

オリヴィア・ジャコベッティ作。意味は「通りすがりに」。春、女性達がコットンのドレスに身を包み、陽に当たり肌を温めると、田舎にライラックの匂いでいっぱいの優しい風が吹く。

 

White lilac accord, Petit grain, Cucumber, Wheat absolute, White musk, Cedar

 

ライラックの花がメイン。そこにキューカンバーが瑞々しさを、麦がどこか春の日向を思わせる温かさを添えます。軽やかで控えめ。

一見シンプルなこのフローラルは、複雑で豪華絢爛!いかにもラグジュアリィ!な香りではないものの、香料が絶妙なバランスで配合されていて、纏う人の心をそっと掴みに来る、罪作りな香水だと思います(褒めてます)。忘れられないというのもわかる。ネットでクチコミを見ていると、キューカンバーの瓜っぽさが人によっては受け付けないこともあるようなので、肌で試してから購入されるのをお勧めします。私も瓜系は得意ではないのですが、これはキューカンバーが香りに瑞々しさを加えている程度であまり気になりませんでした。

まだ少し肌寒いけど、確実に春が近づいていることを実感できる日にこの香りを纏いたいと思います。

B683(MARC-ANTOINE BARROIS)

フランスのクチュリエから出ている香水です。

 

B683は2人の若いデザイナーが出会った結果作られました。一人はクチュリエ、一人は調香師。彼らの子供時代の思い出が二人の距離を近づけました。エレガントなアタッシュケースや無傷のデスクブロッター(上に大判の吸い取り紙が敷かれているデスクマット)の革の匂いや、家族が集う時間に身体を温めてくれる、燃料の木の特徴的な匂いなどの、魅力的な匂いを思い出しながら。

(ブランド公式サイトより)

 

B683というのは、「星の王子さま」に出てくるB612のような、架空の惑星の名前です。

 

Fragrance Notes:
Black Pepper, Saffron, Chili Pepper, Nutmeg, Violet Leaf, Amber, Cistus Absolute, Musk, Patchouli, Santal Wood, Oakmoss, Ambroxan

(アメリカの香水店Twisted Lilyサイトより)

https://twistedlily.com/shop/eau-de-parfum/b683/

 

一番最初にスプレィした瞬間はかなりメンズ寄りなのかな?と感じましたが、それもほんの一瞬で、香りの物語が展開しはじめるとユニセックスとして使える印象を受けました。とても穏やかで滑らかな匂い。ミドルのバイオレットリーフ、ラブダナム、そしてムスクがしっとり優しく香ります。ひんやりとした冷たいレザーを触っているかのように、とても心地よく、何度も深呼吸したくなります。ベースへと移るとパチュリとサンダルウッドが優しく香り、やがて纏う人の意識を邪魔することなく綺麗に消えていきます。

何回かつけてみて、私は宇宙をイメージしました。もしかしたら、B683という架空の惑星の名前がそう感じさせるのかもしれませんが、独自の世界観を持っているのは間違いありません。それと同時に、家の中の温かな雰囲気も感じられます。きっと製作者二人の子供時代の思い出は、幸せなものだったんだろうな、と想像できます。

丁寧に作られたんだろうなというのが伝わってくる、端正な香水です。肌から決して離れず、吸い付くように香ります。声は決して大きくなく、穏やかな口調で話し、無駄口は一切聞かないスマートな大人の男性をイメージします。

FILLE EN AIGUILLES(Serge Lutens)

日本語での名前は「松林の少女」。以前は50mlが13,000円ほどで買えたそうですが、現在は通常ラインから外れ、高級ラインGRATTE-CIELのひとつとして復活、しかし100ml290ユーロとはこれいかに。

 

「松葉。樹脂、陽の光、蝉と背の高い松の木々の陰。松葉が足をチクチク刺すけど、浜辺の松林は素晴らしいものだ!」(英語サイトより)

 

使われているのは松葉、樹液、香油、ベチバー、ローレル。

松の清々しい香りに、樹液を思わせるシロップのようなさらりとした甘さ。ローレルが入っていると知り、それも清涼感の正体かと納得しています。

リラックス効果が高く、精神の鎮静作用がある香りです。お出かけに使っても良いけど、個人的には家で内省する時間につけたい。液体の色がとても濃い(焦げ茶)ので、真っ黒な服を着て、ダークなルタンスの世界に浸りたいと思います。

Erawan(Parfums Dusita)

2018年発表。

 

「Erawanはゾウの神様の名前。そしてタイにある滝の名前でもある。私は調香する時に、ゾウが熱帯雨林へ、滝へ向かって歩いていくのを想像します。」(ピサラ・ウマヴィジャニ)

 

昨年の夏、最初につけた時はトップノートにびっくりしました。え、えぐい…。気軽に纏うには難易度の高い香り。さすがドゥシタ、一筋縄ではいかないな…。プチグレンの香りってあるけど、こんなプチグレン嗅いだことないぞ⁈とビビりました。

冬になってもう一度つけてみると、意外にもえぐみは出ず、むしろトップが心地よく感じられたので、季節や体調によって感じ方が大きく異なるのかもしれません。

ミドルはミュゲ、ハイチのベチバー、そしてヘイ(干し草)が陽の光や木、タバコや刈られたばかりの干し草を表現し、それをLiatrix(クマリン=桜餅の匂い のする香料)が支えます。クラリセージも使われているとのこと。

これが本当に干し草感全開で、気分としてはお日様に温められた干し草のお布団に身を埋めているよう。クマリンっぽい匂いも強く感じられ、干し草と桜餅(の匂い)の意外な組み合わせが、意外と心地よく感じられることに驚きます。クマリンは同じDusitaのIssaraでも使われているので、比較してみると面白いかも。

ラストは、シダーウッド、オークモス、バニラ。アーシーなベースノートがいつまでも持続し、昼間つけても夜中まで香ります。バニラも存在感があります。


Dusitaは絵などのヴィジュアルがとても美しく、ボトルも綺麗だし、調香詩のお父様の素敵な詩も添えられていて、さぞかし美しく好感度の高い香りを作っているのだろうなと思いきや、かなり個性が強く、なんとな~く良い気分に浸るためにつけると返り討ちに合うという、向き合うのに多少の覚悟がいる香りが多い気がします。つけていて意識に占める割合が高く、存在感があります。作りが堅牢というか、しっかり作り込まれていて、中途半端ではありません。Le Sillage Blancはあまりの苦さにぶっ飛びました。香水好き(もっと言えばマニア)のためのブランド、という認識です。好きな人は超好きだろうなという感じの。今回、Erawanを嗅いでも「似たような香り」を全く思いつきませんでした。「どれも良い香りだけど、どこかで嗅いだことのあるようなものばっかり。欲しいものがない」と香水売り場で肩を落としている方、一度Dusitaに挑戦されてみてはいかがでしょうか。

フルボトルは結構なお値段しますが、公式サイトではサンプルを買うこともできますし、最近7.5mlのトラベルサイズも出たので、意外とトライしやすいブランドかもしれません。