SUMMER SALE

服を買いに行った。

夏のセールに惹かれて街に出ると、もうセールは終わりかけだった。聞くと7月から始まり、お盆までは商品を置いているがどんどん売れて少なくなっていくとのこと。

 

晩夏、という言葉がある。8月も始まったばかりだよ、まだまだ夏本番じゃないか、9月の残暑もあるし、と思っていたが、調べてみると「晩夏」は8月7日から20日頃。その頃が立秋で、それを過ぎた8月7日から9月8日頃はすでに残暑なのだそうだ。暦の上ではすでに夏は終わりに近づいている(もしくは終わっている)。

 

いつものお店に行く。そこは自社で工場を持っていて、主な商品はメイドインジャパンだ。一部委託生産をしているものもある。

社会人になってから6年半、少しずつ買っていき、今ではワードローブのかなりの割合を占めるようになった。ジーンズ・ワーク・ミリタリー・ドレスの新しい価値を表現するというのがコンセプト。デザインも素敵だが服自体も丈夫で、何年も着られるから必然的にワードローブの中で生き残ることになる。デザインは特に細部の作り込みが秀逸で、着ているだけで嬉しくなってくるほど。お値段も決して安くはないけれど、活用頻度が高く長持ちするのでコスパが悪い訳ではない。

 

Online Storeであらかじめ下見をしておいて、気になるものは品番を伝え、取り出してきてもらう。そしてその場で気になったものは秋冬の新作も含め全て試した。

夏向けのストライプのVネックのノースリーブと、ブルーが綺麗で横にスリットが開きリボンが付いているものと。リボンがあるが甘過ぎず、どこかハードな雰囲気がある。

秋冬向けは2つ。

ショップの店員さんがオーバーサイズのストライプシャツをとても素敵に着ていて、最高に垢抜けていたので自分も試してみたが上手く着こなせなかった。上級者向けだったのかな。サッシュベルトがついていて、工夫次第でどんな着方もできるようだった。

ベージュのポンチョもトライしてみた。ものすごく丈が長くて、特に後ろ側がとても長いのでこなれて見える。ありがちなポンチョデザインではない。

 

脳内会議の結果購入したのは3着。

そのうち2着は色違いで、オンオフ兼用できるもの。私の職場はオフィスカジュアルであれば何でもいいので選んだ。昨年の秋冬シーズンの残り物だったようで、色・素材ともに秋冬向け。ひとつはマスタードイエロー、もうひとつはライトグレー。わりとベーシックな形だがやはり細部が美しい。肌触りが良く、しかも毛玉になりにくい素材。秋冬に職場に着ていく服が皆無なので、これは「必要なもの」と脳内で判断された。

 

もう1着は完全にカジュアル。ラズベリー色のノースリーブで、布の使い方が面白くて立体的なデザインになっている。前からだけでなく横から見た時のシルエットが途方もなく美しい。驚きの一枚。

普段ノースリーブは全く着ないのだが、これは着てみたいと思った。

二の腕の太さは気になると言えば気になるのだが、自信がないとばかりに隠そうとしなくても良い気がした。海外の人はどんな体型の人でもナチュラルにノースリーブを着こなしていて、それがとても美しいというイメージだし(偏見)。わりと首がつまっているデザインなので、露出度が高すぎるということもなさそうだ。

 

美しい紙袋に美しいゴールドのシール。充実感を持って店を出た。

ミュール エ ムスク(ラルチザン パフューム)

「ムスクってどんな香りなんだろう?」

フレグランスを嗅ぎ始めてからの疑問でした。

これまでブログに書いてきたのは何なんだ、という話ですが…特に最後の方に感じる、もわっとした柔らかい香りかな?とわかったつもりで(笑)書いていました。

 

フレグランスのラストノートに用いられることが非常に多いムスク。かなりの割合で入っている気がします。

ムスクは麝香(ジャコウ)とも呼ばれ、もともとオスのジャコウジカの分泌質から取られる香料です。現在はシカの保護のためほとんどが合成香料であると聞きます。

石鹸の匂いは「ムスク+フローラル(薔薇など)」なのだそうです。であれば、石鹸のような匂いなのでしょうか。

 

そんな疑問を持ちながら、ラルチザン パフュームのベストセラーの香り、ミュール エ ムスク(黒いちごとムスク)を嗅いでみました。

f:id:Heleninthegarden:20170720092933j:plain

 

フレグランスファミリー :フレッシュ
(フレッシュ フルーティ ムスキー)
ヘッドノート : レモン、オレンジ、バジル、ラベンダー
ハートノート : ブラックベリージャスミン
ベースノート : ムスク、パチュリ、オークモス
調香師 : ジャン・ラポルト

 

「ラルチザンと言えばこの香りと言われている」と店員さんに紹介していただきました。
いただいたパンフレットにも、まるまる1ページが割かれており、ブランドにとって特別な存在であることがうかがえます。
公式によれば、「まるで晴れた日にブラックベリー摘みをした思い出のような香り」とのことです。

トップはかなりジューシー。「柑橘系~!」というほどではないのですが、レモンやオレンジが楽しく踊ります。そこにベリーのような、これもジューシーな香りが加わってきます。これがおそらく黒いちごなのでしょう。


とはいえ、私はあまり黒いちごになじみがありません。

黒いちごってどんなものなんだろう?
調べてみました。

黒いちご - Google 検索

画像検索してみると、かなり赤黒いことがわかります(真っ黒な画像もありますね、びっくり)。
日本では、千葉と九州の限られた農園でしか栽培されていないそうです。
食べてみたくなってきました…。

しばらくすると、ベリーの前に、もわっとした柔らかい匂いが出てきます。これがきっと、ムスクなのでしょう。


このフレグランスのおかげで、「ムスクってだいたいこんな匂いなんだな」というのがわかりました。

 

ちなみに、「ミュール エ ムスク エクストリーム」という香りも別に存在し、公式曰く「『ミュール エ ムスク オードトワレ』のブラックベリーのノートに、カシスのフルーティで深い香りをブレンド」したもの、とのことです。

だいぶ香料が異なるので、備忘録がてら書いておきます。

フレグランスファミリー :フレッシュ
(フルーティー ムスキー)
ヘッドノート :ベルガモット、カシスのつぼみ、プチグレン
ハートノート : ブラックベリー、レッドベリー、オレンジブロッサム
ベースノート : ムスク、パチュリ、オークモス
調香師 :カリーヌ・ドゥブルイユ

こちらもいつか試香したいものです!

アクア セレスティア(メゾン フランシス クルジャン)

サンプルをゲットしました。

f:id:Heleninthegarden:20170720090407j:plain

アクア セレスティアとは「天空の水」という意味。
アクア ヴィタエや、ベストセラーとなっているアクア ユニヴェルサリスなどの「アクアシリーズ」最新作です。

『空の青と海の青を繋ぐ、天国のような香り』『ライム、クールミント、ブラックカラントの天国のようなフレッシュさがプロヴァンスミモザによって和らげられている。ムスクの香りの、天空のような逃避行。』
とあります(大意)。
確かに「天空の水」かもしれない。フレッシュさと壮大さが同居している。
オフィスに良いのではないでしょうか。

 

ちなみに、こちらの記事が最高ですので、是非。 

 

www.afpbb.com

もうこの記事で全部説明されてしまっているんですが(笑)、
全体として少しパウダリーに感じます。記事によれば、これはミモザによるもの。ライムやミントがフレッシュなのですが、そこに薄いヴェールがかけられている感じです。それが「空の青と海の青を繋いでいる感覚」を作り上げているような気がします。
無限の広がりを感じさせるフレグランスです。

 

 

香り立ちはあまり強くないです。とても静かな香りだと思います。

フレッシュさはありますが、壮大さもあるので、元気が出てくる!というよりは、自然に肩の力を抜いて安らげるような香りだと思います。



…オフィスに良いのではないでしょうか!(2回目)

ローセルジュルタンス(セルジュ・ルタンス)

ドボーン(沼に落ちた音)

f:id:Heleninthegarden:20170719125509j:plain

ルタンス先生…!

 

セルジュ・ルタンスと言えば、独自の世界観を持つことで知られるブランド。
公式ホームページを見ていただければわかるとおり、かなり独特のヴィジュアルです。

セルジュ・ルタンス

厳しい直線、影を感じさせる色。特徴的なのは黒色だと思います。
セルジュ・ルタンスはクリスチャン・ディオール資生堂で様々な仕事をした人物。フランスの人間国宝(※フランス共和国文化芸術勲章コマンドゥール受章)とも聞きました。

ネットで画像検索していただくと、生気を全く感じさせない白い肌のモデルたちの写真が出てくると思います。
あまり柔らかさや優しさは感じません(笑)
私は「ちょっと怖いかも…」と、近寄りがたい雰囲気を感じていました。

 

しかし、私のtwitterのフォロワーさんたちにはルタンスのファンが多く、何か魅力があるのだろう、と気になってはいました。アットコスメを見ると賛否両論。ネットを色々見ていると「ルタンスはみんな影のある香り」「濃厚な香り」等々、様々なことが書かれていました。

…気になる。

気が付けば足がルクアイーレ8階(伊勢丹)のフレグランス売り場へと向いていました。

***

 

前置きが長くなりました。

 

セルジュ・ルタンスの水
それは、「清潔」なイメージ。「清潔」さとはラグジュアリーの原点。
フレグランス本来の意味。
まるでおろしたての白いワイシャツを着るような、喜びと気持ち良さが実感できる香り。
フレッシュ感が持続する、それでいてエレガントな香り。
今までのラインとは異なる観念で作られた新しい価値観の香り。

(公式ホームページより)

 

「ロー」(フランス語で「水」)と名の付く香水は色々あります。
ディプティックの「ロー」(これとはまた別の、「ロンブルダンロー」もありますね)や、ラルチザンのロードラルチザン。そしてこの、ローセルジュルタンス。
「水」と銘打つからには、何か作り手の特別な想いが込められているのだろう、と推測します。

 

公式ホームページでは香料は明かされていませんが、お店にあった説明を読んだところ、マグノリアやクラリセージが使われているとのこと。調べたところでは、合成香料のアルデハイドやオゾンノートが使われているようです。

 

こちらのサイト↓によれば、

香調・香料成分まとめ | 気楽に行こう。 - 楽天ブログ

オゾンノートとは「独特のツンとしたガスのような香りが特徴。空気のようなライトさと透明感で人気」とのこと。

その時々で感じ方は変わるのですが、涼感を強く感じる時に私が思い起こすのは、猛暑の夏にガンガンに冷房が効いた室内に入った時に感じる、あの空気感。

これがオゾンノートなのでしょうか。鼻梁から喉の奥まで、スーッとした空気が入っていきます。

…なんというか、かなりの清涼感です(※時により、あまり感じないこともあります)。

フレッシュはフレッシュなのですが、冷たい、無機質なイメージもあります。

 

うーん。ヴィジュアルで見るイメージのとおり、厳しい香りなのだろうか。
最初は少しびくびくしました。

 

それがつけていると、次第に清涼感がフェードアウトしていき、丸みがでてくるのです。温もりすら感じます。
ムエットだと、冷たい香りのままなのに。

フレグランスをつけていて、自分に体温があることを実感したのは、初めてでした。

 

全体として静かな作品だと思います。トップも、マグノリアの柔らかさが入っているため、金属のような香りではありません(この柔らかさはトップが終わっても持続します)。
外側に強く主張するというよりは、(清涼感含め)肌の上を沿うように香っていく。そんな香りだと感じました。

 

 

 

…ところで、梅田のルクアイーレ8階のメンズフレグランス売り場はとても良いです。メンズのみならずユニセックスも(場合によってはウィメンズ寄りと思われるものも)置いてあります。

何よりも良いのは、人が少なめで、高級感溢れる店内でゆっくりと香水を見られること。
他の百貨店のフレグランスコーナーだと女性客が中心で、ひっきりなしにお客さんが来ていて(私含めですが)、様々な香水の匂いで充満していますが、こちらはそれに比べるとフラットな環境で香りを見られるように思います。

セルジュ・ルタンス、ヒーリーやイルプロフォーモなどのレアなフレグランスを見られるのも魅力です。

 

イストワール ド オランジェ(ラルチザン パフューム)

諸事情ありましてラルチザンの夏限定新作、イストワール ド オランジェ(HISTOIRE D’ORANGERS)の5mlボトルをゲットしました。

f:id:Heleninthegarden:20170714165335j:plain

フレグランスファミリー :フローラル
(フレッシュ サニー フローラル)
ヘッドノート :ネロリビガラード、ホワイトティー
ハートノート : ムスク、オレンジブロッサム、モミアブソリュート
ベースノート :アンバーノート、トンカビーン
調香師 :マリー・サラマーニュ

 

聞けば「モロッコにインスピレーションを得た香り」とのこと。

一度訪れたことがある国です。

最初に思ったのが、モロッコのどのあたりだろう、ということでした。

というのも、モロッコには一年中温暖な気候の大西洋沿いの海岸、アトラス山脈の高地、典型的な内陸性気候であるサハラなど様々な地域があり、その気候は一言では表せないのです。

このような緑の大地もモロッコですし

f:id:Heleninthegarden:20170714165356j:plain

このような乾いた大地もモロッコです。f:id:Heleninthegarden:20170714165519j:plainf:id:Heleninthegarden:20170714165535j:plain

砂漠の中で咲く花は、それはそれは美しいものでした。 

f:id:Heleninthegarden:20170714165620j:plain

で、今回調香師が旅したのはどのあたりかというと(ここからが本題)、タルーダントという街。

f:id:Heleninthegarden:20170714165643p:plain

アトラス山脈の南側でした。私は行ったことがないのですが(ないのかよ)、内陸の乾燥地帯だと思います。(ちなみにGoogleでタルーダントで画像検索すると、素敵な世界が現れます。)

 

肝心の香りはというと。

トップからネロリが綺麗に香ります。そこにホワイトティーが高温で鳴り続けている感じです。陽射しの強い、乾燥した大地にはぴったりの香りだと思います。

そこに徐々にモミの木の、爽快感のあるグリーンが加わります。

私の場合、結構長い時間ホワイトティーが鳴り続けた後、ムスクとアンバーがやってきました。それまでのはっきり・くっきりした香りに、急にベールがかけられたよう。一気に柔らかくなります。ほっとする感じ…。

ラストはトンカビーンで締めくくられます。

個人的には、前半のクリアな高音のようなトーンと、後半の柔らかくほっとするようなトーンとの対比が面白いと感じました。

 

さて、このモロッコの香りは、日本の夏でどのように香るのでしょう。

f:id:Heleninthegarden:20170714165704j:plain

今日も暑いです。みなさま、熱中症にはお気をつけください。

(結局お前が旅の記憶を振り返りたくてこの記事を書いたんだろ、というツッコミは受け付けます)

ジュニパー スリング(ペンハリガン)

Twitterでのフォロワーさんに「トップはクールダウンできるようなフレッシュな香りで、ベースに纏め力のあるしっかりとした香り」とお勧めいただきました。(ちなみに、同じ系統として、モン ニュメロ9もお勧めいただきました)

箱からして美しすぎます…!

 f:id:Heleninthegarden:20170711151949j:plain

 

ペンハリガンのボトルはみんなリボンがかけられているのですが、このジュニパースリングのリボンはメタルになっています。かっこいい!

 

「黄金の1920年代へのオマージュとして当時のロンドンを象徴する最もムーディーなお酒、ドライ・ジンに着想を得た遊び心あふれるフレグランス」(公式より)。誕生は2011年です。

ヘッドノート:シナモン、オレンジブランデー、アンゼリカ、ジュニパーベリー

ハートノート:カルダモン、レザー、ブラックペッパー、イリスウッド

ベースノート:ブラウンシュガー、ブラックチェリー、ベチバー、アンブロックス

調香:オリビエ・クリスプ


トップはシナモンを強く感じました。スッキリしたベリーの香り…これがジュニパーベリーでしょうか。オレンジブランデーのうっとりするような香りも感じます。

そこから木の匂いが徐々に出てきます。ブラックペッパーの小気味好いスパイシーさも。そしてレザーの滑らかさが心地よく感じられます。うう、堪らない。

ラストにはベチバー。私の肌では渋いウッディ系の香りがします。うう、堪らない(2回目)。


うだるように暑い毎日。柑橘系のフレグランスですら色を感じて、無色をイメージさせる、スッキリしたフレグランスを探していました。以前ペンハリガンのホリデーコレクションで使ってみたこともあり、今回はあらためて試さずに買った(ネットで安く売っていたので。)のですが、試してみたら「無色透明」というよりは、「ジュニパースリング色」とでも言うべき、スパイスやウッドやレザーが楽しく踊る、愉快なフレグランスでした。公式の言う通り、【遊び心溢れるフレグランス】だと思います。

以前はフレグランスを使い始めたばかりで、この良さがわからなかったんですよね…色々な香水を嗅いで、Twitterでフォロワーさんからフレグランスのことを色々教えていただけるようになった今再会できて、本当に嬉しいです。受ける印象が全く違います。

今回夏用にと購入したのですが、夏はもちろんのこと、冬用にも使えるのではないでしょうか?つけての第一印象がシナモンですし、カルダモンやブラックペッパーも冬の寒い中自分を元気づけてくれそうです。

余談ですが、私は冬になると、シナモンを使った、スパイスの効いたチャイが飲みたくなります。


私は(お酒に弱いのもあって)ジンを飲んだことがないのですが、今度機会があったらジントニックなどを飲んでみたいと思います。

気軽に入れる良いバー、ないかなあ・・・

LA CHASSE AUX PAPILLONS シャッセ オ パピオン(ラルチザン パフューム)

サンプルをいただきました。

 

シャッセ オ パピオン(LA CHASSE AUX PAPILLONS)の邦題は「ちょうちょをつかまえて」。

幼いころちょうちょを追いかけて遊んでいた思い出を表現する香り、と店員さんに説明してもらいました。

 

フレグランスファミリー / フローラル
(フレッシュフローラルブーケ)
ヘッドノート / ベルガモット、マンダリン、ピンクペッパー
ハートノート / オレンジブロッサム、ジャスミン、リンデンブロッサム、レモンツリーブロッサム
ベースノート / チュベローズ、イランイラン
調香師 / アン・フリッポ

 

ホワイトフローラルブーケです。 

最初から結構甘いです(※甘くないとおっしゃる方もたくさんいらっしゃいます)。

子ども時代をモチーフにしており、天真爛漫で、多幸感に溢れています。それと同時に、甘美で艶やかな、大人でしか味わえない何かが同居しているように感じます。華やかですが、もったり重くなることはありません。ちょうちょだからでしょうか。

私の中でイランイランやチュベローズは「官能的な大人の香り」なのですが、これは少女時代の記憶の香り。少し意外なように感じました。しかし、ディプティックのドソンというチュベローズの香水も、子ども時代のベトナムでの思い出をテーマにしたものなので、もしかしたらチュベローズはどこか懐かしさを感じさせるものなのかもしれません。

最高にハッピーで、気分を上げてくれる香りだと思います。

 

シャッセ オ パピオンにはオードトワレと、「エクストリーム」とつくオードパルファムがあるのですが、オードトワレ版の少女が少し成長した姿がオードパルファムとのことです。確かに、トップの印象が少し大人っぽいような気がします。

 

蛇足ですが、今回ブログを書くためにアットコスメを見てみたのですが…みなさん私と真逆のことを書いていらっしゃったりします(笑)人によって感じることは全然違うんだなあ、と実感しています。