とある愛香家の日記

香水に対する偏愛ばかりを書き連ねております

TEA FOR TWO(ラルチザン パフューム)

プサンスーチョン。

それは、紅茶の茶葉を松葉で燻したお茶。癖のある燻香が特徴で、中国の福健省の一部で生産されています。

(飲んだことありませんが)

 

オードトワレ

フレグランスファミリー / ウッディ (スパイシー グルマン)

ヘッドノート / ベルガモット、リンドウ、オレンジブロッサム、アニス

ミドルノート / シナモン、ジンジャー、スモークティー(ラプサンスーチョンティー)

ベースノート / ハチミツ、バニラ、タバコ、ガヤックウッド

調香師 / オリヴィア・ジャコベッティ

 

さあ、お茶会の時間です。トップはいきなり超スモーキーな香り。かなり個性的で、甘みはありません。

数分すると、ジンジャーのピリリとした香り。蜂蜜の甘みも徐々に出てきます。それと同時にシナモンの香り。さながらラプサンスーチョンを飲みながらジンジャークッキーを食べているような気分です。ミドルからラストにかけ、蜂蜜がどんどん前に出てきて、バニラも相まってかなりグルマンな印象に。手首につけたりすると結構ハッキリと蜂蜜の甘みが感じられるので、ウエストや内腿につけた方が少し使いやすいかもしれません。

オードトワレですが持続時間は長めです。

 

ラルチザンには自然を描いたやわらかいもの(テプーアンエテ、カリーニャ、エテアンドゥースなど)と個性的なもの(タンブクトゥなど)両方ありますが、これは後者に入ると思います。

 

TEA FOR TWO. 紅茶2人分。一緒にスモーキーなラプサンスーチョンを楽しむひと時。渋い、渋すぎる。一度誰かとラプサンスーチョンを飲む会を開催したくなりました。茶葉、どこで売っているかな。