レザー&アルテミシア(ジョーマローンロンドン)

イギリスのフレグランスメーカー、ジョーマローンロンドン。

春の限定品で、英国チャールストンの芸術家達をテーマにしたブルームスベリーセットのうちのひとつです。

左側ですね↓

f:id:Heleninthegarden:20170524054145j:plain

レザー&アルテミシアは、アブサン(ヨモギ)やアルテミシア(ニガヨモギ)、レザーの香りです。トップはとてもすっきりしていて、そこからハーバルな香りが出てきて、最後には滑らかなやわらかい香りになります。「革表紙の本がたくさん並ぶ図書室の香り」とのことで、そのキャッチコピーに惹かれました。

レザーの香り、というのは「なめし皮のような香り」ということで、あくまでイメージ(実際に革が原料に使われているわけではない)だそうです。

リラックス、というよりは少し襟を正した感じの香り。私は少しきちんとしたい、背筋を伸ばしたい時につけます。ジョーマローンロンドンの香りはどれも控えめなので、あまり香りすぎないのがとても良いです。ワンプッシュだと自分にもあまり香らないかも?ぐらいです。香害になることほど怖いものはないので…

 

香水は好きなんですが、私の場合、外に向かって個性を表現したいとかではなく、自分が心地よい香りの中にいたいだけなんです。だから正直、自分だけに香って欲しい〜と思っています。そのため、香りが強めのブランドには苦手意識があったりします。

ジョーマローンロンドンは1994年に誕生したブランド。その特徴のひとつはフレグランスの重ね付けができること。普通フレグランスはひとつで完成されているものなので、重ね付けはしないのです。重ね付けができるという特徴のためか、わりとシンプルな香りが多い気がします。

写真右側の柑橘系のライム バジル&マンダリンと合わせると、スタイリッシュさが出てきて、香りの奥深さ、複雑さが増して好きです。

最近、レザー&アルテミシアはなんか気分に合わないな〜と正直感じていたのですが、どうやら一気に気温が上がったことが関係しているみたい。夏につけても良いのでしょうが、私は涼しいぐらいの日につけたい。例えば、少し冷え込んだ朝につけたらぴったりでした。気温によってフレグランスの香り立ちも変わってくるので、それもあるのかもしれません。気分と、香りそのものの変化と。面白いですね。
 
公式ホームページを見るとまだ在庫があるようで、お店にはまだ置いてあるかも(ただ、次の限定品が出ているので表立っては置いていないかも)しれません。
 
今後もちょこちょこフレグランスレビューをしていこうと思います。サンプルがたくさんあったりするのです(ふふ)。フレグランスコーナーに出没しては試香していたりするので、また面白い香りがあったらご報告します。では。