とある愛香家の日記

香水に対する偏愛ばかりを書き連ねております

POIVRE23(LE LABO)

ポアブル23 はシティエクスクルーシブラインのロンドン限定品。エクストレのパルファムであり、ルラボのペッパー声明文。ここでのペッパーはブルボンペッパーです。

 f:id:Heleninthegarden:20180123170056p:plain


香料は、Cistus、Incence、Pathouli、Gaiac wood、Pepper Bourbon、Australian sandalwood、Vanilla、Styraxなど…

 

つけた瞬間驚くのは、とても上品な香り。もっとペッパーがガツンとワイルドに来るのかと思いきや、スパイシーながら品があります。私はラーメンに胡椒をかけまくった時のあのむせ返るような匂いを予想していましたが、ちょっと意外に感じました(どんな予想だ)。おそらくこのトップはインセンス。

 

その奥にはパチュリの気配。そしてラブダナム、サンダルウッドがやってきます。ペッパーのスパイシーさは弱まることなくずっと鳴っていながらも、樹脂の甘みが出て来るのです。ペッパーが全体を引き締めていることもあり、甘ったるくはなりません。

 

セントチューブで小分けでいただいたものを直接肌につけている(アトマイザーにいれて噴霧していない)というのもあるかもしれませんが、割と多めにつけても香り立ちはそこまで声高ではなく、どちらかというとほのかです。シカゴ限定の香り、ベローズ26(こっちはピンクペッパー)を同量つけても圧倒的にポアブル23の方が弱く感じます。

 

粒子の細かいペッパーがずっと香りますので、拡散性が強いと周りの人もくしゃみをしてしまうかもしれないということへの配慮でしょうか。割とガチで胡椒ですので、胡椒好きの方にはお勧めです。