1(puredistance)

ピュアディスタンスの処女作、1をご紹介します。

"Understated elegance in its purist form "


Puredistance 1 Perfume - Understated Elegance in its Purest form

"静寂の中で身に纏う、ラグジュアリー"

タンジェリンブロッサム、カシス、ネロリビガラード、マグノリア、ローズワルディア、ナチュラミモザ、スイートアンバー、ベチバー、ホワイトムスク

賦香率は32%、調香師はアニー・ブザンティアンです。これは元々アニーさんが自分のために作っていた最高傑作だったそうですが、ある日偶然(それとも運命?)フォス社長が作ったピュアディスタンスのコンセプトに出会い、何と自分がその香りを作っていた時の気持ちと全く同じだったことに驚いたのだとか!
しかも、両方とも全く同じ絵(雑誌から取られたもの)からインスパイアされたものだったそうで、公式サイトでは「ユングはこれを synchronicityと呼ぶ」とまで書いています。

 

第一印象はまず「ピュア」。ピュアディスタンスの名前に深く関わっていると考えられます。というのも、「ある日ピュアなディスタンスを持った女性のイメージがフォス社長の頭に浮かんだ」とあり、その後フォス社長のアイデアとアニーさんの調香が全く一緒だった、というストーリーがあるためです。(違っていたらすみません、ご指摘ください)

香り自体はウォータリーなフローラルであるように感じます。公式サイトではシンプルな白のドレスを着た女性の動画・絵が公開されていますが、私がイメージするのは柔らかなニットにジーンズで家で寛ぐ女性。シンプルでカジュアル。いずれにしても、余計な装飾は要らないのだと思います。

とはいえ、最大公約数的なものは不思議と感じません。BLACKやMは「大多数の人に好かれようなんてそもそも考えていない」というようなコンセプトで、最大公約数的な香りにならないのはわかるのですが、1は割と万人ウケしそうなコンセプトでありながら意外と人を選ぶような気もしています。


ちなみに、こちらのインタビュー↓にあるように、puredistanceのJ.E.フォス社長にとっても、なくてはならない、1番のお気に入りなのだそうです。

http://whatmenshouldsmelllike.com/2013/05/14/puredistance-exploring-the-collection/