SHEIDUNA(puredistance)

日本人のブロガーTanuさんのブログ(La Perfumerie Tanu)を読み、むくむくと興味が湧き、何度もSHEIDUNAの記事を読んではどんな香りだろうかと想像を膨らまし、折しも期間限定でTanuさんのオンラインショップで取り扱われているということで…注文してしまいました。
Tanuさんの記事
オンラインショップ
各種類2mlずつ入ったサンプルセットもあります。
※puredistanceのオンラインショップでも買えるようです。
 
こんなに豪華な箱に入っているものは見たことがありません。社員がリボンを結んでおり、結び目を見ただけで誰の手によるものかがわかるそうです。

f:id:Heleninthegarden:20170924165845j:plain

f:id:Heleninthegarden:20170924165906j:plain
17.5mlサイズのボトルは試験管のような形です(もうそのようにしか見えない…)
 
puredistanceはオランダのメゾンで2007年創業、パルファムしか作らないという気骨あるメーカーです。作る香りは概して賦香率が高く、これに関して言えば27%!中には38%(!!)のものもあり、一般には15%を超えるものがパルファムと呼ばれるので、いかに贅沢かがわかります。
 
香料は、レモン、タンジェリン、ブラックカラント、アルデヒドブルガリアンローズエッセンス、ゼラニウムクローブ、ベチバー、パチュリ、アンバーウッディ、インセンス、ベンゾイン、ミルラ、トンカビーン、バニラポッド、ムスクとなっています。
(puredistanceの公式サイトより)
調香師はパリ在住のセシル・ザロキアンです。
夕暮れ時、金色に輝く砂丘がどこまでも広がっている風景からインスパイアされています。
 
私の印象としてはローズがメインとなって香ります。しかし清楚で清潔なソーピーな感じでも、お色気ムンムンな感じでもなく、アンバーもメインとなって香るためか、ひたすら親切な年上のお姉さんのような香りがします。色で言えばアンバーブラウン。黒髪で睫毛が長くて伏し目がち、褐色の滑らかな肌の美人です。
 
ローズが苦手、アルデヒドも苦手と思い込んでいる私がひと吹きしただけで恋に落ちました。
上記のお姉さんと一緒にいる時のような、その美しさにドキドキする気持ちと、温かな性格に一緒にいて安心する気持ちの両方が湧き上がってきます。

フルーティーと言うわけでもないのですが、私は何故か桃を思い出します。
 

オリエンタルセンシュアリティとパリジャンエレガンスの融合とありますが、そこまでスパイスや、バニラなどの甘みが強くないためか、それとも私自身が中東に行ったことがないためか、あまりスーク(市場)に迷い込んだような感覚は抱けず、どちらかといえばヨーロッパのイメージを強く持ちます。しかしルタンスのようなフランスのエスプリずどーんだったり、ディプティックのような小洒落た世界というよりは、どこか親しみやすいところがあり、親切な年上の友人に対するような気持ちが抱ける、そんなフレグランスになっています。単にヨーロッパ的なものだけで出来上がっている香りではないこと、そしてボトルが試験管のような形であることも、親しみやすさの一因のような気がします。

 
付け方としては、内腿にワンプッシュするか、ウエストの前にワンプッシュして霧の中をくぐり抜けるようにして使いたいと思います。LPTさんのショップで大きめのムエットと、それを入れるOPP保管袋も購入したので、身体につけられない時はムエットを持ち運ぶ予定です。
 
お姉さん、これからよろしくお願いします。