ミュール エ ムスク(ラルチザン パフューム)

「ムスクってどんな香りなんだろう?」

フレグランスを嗅ぎ始めてからの疑問でした。

これまでブログに書いてきたのは何なんだ、という話ですが…特に最後の方に感じる、もわっとした柔らかい香りかな?とわかったつもりで(笑)書いていました。

 

フレグランスのラストノートに用いられることが非常に多いムスク。かなりの割合で入っている気がします。

ムスクは麝香(ジャコウ)とも呼ばれ、もともとオスのジャコウジカの分泌質から取られる香料です。現在はシカの保護のためほとんどが合成香料であると聞きます。

石鹸の匂いは「ムスク+フローラル(薔薇など)」なのだそうです。であれば、石鹸のような匂いなのでしょうか。

 

そんな疑問を持ちながら、ラルチザン パフュームのベストセラーの香り、ミュール エ ムスク(黒いちごとムスク)を嗅いでみました。

f:id:Heleninthegarden:20170720092933j:plain

 

フレグランスファミリー :フレッシュ
(フレッシュ フルーティ ムスキー)
ヘッドノート : レモン、オレンジ、バジル、ラベンダー
ハートノート : ブラックベリージャスミン
ベースノート : ムスク、パチュリ、オークモス
調香師 : ジャン・ラポルト

 

「ラルチザンと言えばこの香りと言われている」と店員さんに紹介していただきました。
いただいたパンフレットにも、まるまる1ページが割かれており、ブランドにとって特別な存在であることがうかがえます。
公式によれば、「まるで晴れた日にブラックベリー摘みをした思い出のような香り」とのことです。

トップはかなりジューシー。「柑橘系~!」というほどではないのですが、レモンやオレンジが楽しく踊ります。そこにベリーのような、これもジューシーな香りが加わってきます。これがおそらく黒いちごなのでしょう。


とはいえ、私はあまり黒いちごになじみがありません。

黒いちごってどんなものなんだろう?
調べてみました。

黒いちご - Google 検索

画像検索してみると、かなり赤黒いことがわかります(真っ黒な画像もありますね、びっくり)。
日本では、千葉と九州の限られた農園でしか栽培されていないそうです。
食べてみたくなってきました…。

しばらくすると、ベリーの前に、もわっとした柔らかい匂いが出てきます。これがきっと、ムスクなのでしょう。


このフレグランスのおかげで、「ムスクってだいたいこんな匂いなんだな」というのがわかりました。

 

ちなみに、「ミュール エ ムスク エクストリーム」という香りも別に存在し、公式曰く「『ミュール エ ムスク オードトワレ』のブラックベリーのノートに、カシスのフルーティで深い香りをブレンド」したもの、とのことです。

だいぶ香料が異なるので、備忘録がてら書いておきます。

フレグランスファミリー :フレッシュ
(フルーティー ムスキー)
ヘッドノート :ベルガモット、カシスのつぼみ、プチグレン
ハートノート : ブラックベリー、レッドベリー、オレンジブロッサム
ベースノート : ムスク、パチュリ、オークモス
調香師 :カリーヌ・ドゥブルイユ

こちらもいつか試香したいものです!