ル シェブルフイユ、イル オ テ、デュエル(アニック グタール)

アニック グタールは以前プチシェリーがあまり合わなかった記憶があり、あまり試してこなかったのですが、フォロワーさんたちがよく話題にされていることもあり、いざフレグランスコーナーへ。ムエットでの試香です。

 

1.ル シェブルフイユ

ブランド創始者の娘であるカミーユが子供の頃、ハニーサックル(シェブルフイユ)で王冠を編み遊んだ思い出が元になったフレグランス。ハニーサックルとはスイカズラのこと。
春の訪れを告げる香り。あたたかな日差しの下で、花で遊ぶ少女…そんなイメージが浮かびます。シンプルに、「とても幸せな、良い香り」だと思います。嫌いな人はいないのではないでしょうか。私もムエットを何度も嗅ぎました(笑)

Café des Parfums|カフェ デ パルファム|アニック グタール|ル シェブルフイユ オードトワレ

 

2.イル オ テ

アジアを旅する中でインスピレーションを得た香り。ネーミングは「お茶の島」。
香料はグリーンティー、マンダリン、オサマンサス、ホワイトムスク

「緑茶~!」というほど緑茶ではないです。シトラスのすっきりさもありますが、レモンティーというわけでもありません。ただ、グリーンティーの香りだからなのか、爽やかでありながらとても落ち着きます。

Café des Parfums|カフェ デ パルファム|アニック グタール|イル オ テ オードトワレ

 

3.デュエル

メンズです。決闘という名前から、闘いに使われる革の手袋が表現されています。プチグレンにグリーンマテのレザーノートをブレンド。

レザーが前面に出ているというより、どちらかというとハーバルな印象を受けました。レザーが全体を支えている感じです。
しかし、名前に反して深く柔らかく、ある意味面白い香りだと思います。好戦的、攻撃的な印象は一切受けません。むしろとても楽しい香り!
メンズ向けなので、上記のレディース向けとは少し趣が違う感じ。3つの中で一番気になりました。

Café des Parfums|カフェ デ パルファム|アニック グタール|デュエル オードトワレ

 

アニック グタールは楕円形のボトルがめちゃくちゃ可愛いんです(デュエルはメンズなので四角いボトルですが)。

香りも全体的に優しいので、気持ちまで優しくなれそうです。