とある愛香家の日記

香水に対する偏愛ばかりを書き連ねております

目次(Index)

この度は拙ブログにようこそお越しくださいました。Helenと申します。 このブログでは主に香水レビューを書いております。記事はメゾンごとにカテゴリーを分けており、不格好ではありますが、この記事を目次として使っていただければと思います。今後とも宜…

Tolu(Ormonde Jayne)

ペルー産のToluという樹脂を主軸にした香りです。 Top: Juniper Berry, Orange Blossom and Clary Sage Heart: Orchid, Moroccan Rose and Muguet Base: Tolu, Tonka Bean, Golden Frankincense and Amber 秋の森の中で、落ち葉の絨毯の上を歩いているような…

BRUMA(CIRE TRUDON)

CIRE TRUDONは1643年創業のフランスのキャンドルメーカーです。この度著名な調香師Antoine Li、Lyn Harris、Yann Vasnierを迎え、2017年に香水のコレクションTRUDONを発表しました(18世紀にも香水を売っていた時期はあったのだとか)。 クリエイティブディレ…

Ormonde Woman(Ormonde Jayne)

Ormonde Jayneはリンダ・ピルキントンがオーナーを務める2002年創業のイギリスのブランドです。南米、アフリカ、極東を旅し、そこで働いた経験をお持ちの方のようです。 Ormonde Jayneを作る際、真のエレガンスを決める要素ーイギリスの職人芸の品質、フラン…

L'Ile au Thé(Annick Goutal)

「お茶の島」と名付けられたイルオテは、カミーユ・グタールとイザベル・ドワイヤンが韓国の済州島を旅した際にインスピレーションを得て作られたフレグランス。深い青の海と、火山の間を渡る風。そこには茶畑が広がり、蜜柑も栽培されています。 以前ムエッ…

FLEUR DE PEAU(Diptyque)

ディプティックは1961年にDesmond Knox-Leet, Yves Coueslant, Christiane Gautrotの3人によって創業されました。最初はファブリックを売っていましたが、1963年に香り付きのキャンドルを発売、次第に事業をそちらにシフトしていきます。1968年には最初の香…

Un Coeur en Mai(Parfums MDCI)

Parfums MDCI (Marchal Design & Créations Indépendantes)はClaude Marchalによるフランスのブランドです。「良いフレグランスは産業よりも芸術であり、単なる商品ではなく、喜び、誇り、美の源であるべき」という哲学のもと、著名な調香師を招き、彼らに方…

ROSE PRIVÉE(L'Artisan Parfumeur)

パフューマリーの聖地、グラースを象徴する花「ローズ ドゥ メ(5月のバラ)」を称えるフレグランス。 ローズ ドゥ メは5月の初旬から約1ヶ月しか摘み取ることができないバラです。 トップ:グリーンマンダリン、バイオレットリーフ、バジル、ブラックカラン…

ODALISQUE(NICOLAÏ PARFUMEUR-CREATEUR)

NICOLAÏ PARFUMEUR-CREATEUR(パルファムドニコライ)は1989年に調香師Patricia de Nicolaïさん(女性)とその夫Jean-Louis Michauさんによって創業されました。当時は「調香師は男性がやるもの」という時代だったそうです。創業当初から「最高品質と完全なる創…

Huemul(fueguia1833)

「清らかなアンデス山脈を力強く走り抜ける、美しいゲルマジカのように…」 ゲルマジカは絶滅危惧種らしく、以下サイトのパタゴニア旅行記では「幻のゲルマジカ」と書かれています。写真も見られます↓ www.kaze-travel.co.jp いやーパタゴニア一回行ってみた…

ANOTHER13(LE LABO)

ルラボがイギリスの雑誌「アナザーマガジン」からの依頼を受けて作った香りです。 「アナザーマガジン」のチーフエディターであるジェファーソンハックと、パリの有名セレクトショップ「コレット」のサラとのコラボレーションで誕生しました。以前は「コレッ…

LES PARFUMS LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)

ルイ・ヴィトンの香水シリーズ、「LES PARFUMS LOUIS VUITTON」は旅がテーマとなっています。2016年9月、ブランドとしては70年ぶりにフレグランスを発表し、話題を呼びました。販売する店舗も限られ、発売当初は香水を見るために人が押し寄せたという話も聞い…

トラベルセドゥボスフォール(ラルチザン パフューム)

かつて「イスタンブールの空」と呼ばれていた作品(EDP)です。これは廃盤にはなっておらず、今も手に入ります。 調香師ベルトラン・ドゥショフールの今回の旅先は、トルコのイスタンブール。西洋と東洋が交差する場所。まるでスーク(市場)に迷い込んだような…

フルールドリアン(ラルチザン パフューム)

調香師ベルトラン・ドゥショフール御大が今回旅行したのは中米パナマの島。雨季の熱帯雨林に咲く、幻の花をイメージ。残念ながら廃盤です。 ・トップ:グアバの木の花(グリーン、フルーティーノート)、水の香り(オゾニックノート)・ミドル:つる植物の花…

フーアブサン(ラルチザン パフューム)

2006年発表のEDP。禁断の酒、アブサンをテーマにした香水です。アブサンはニガヨモギやアニス、ウイキョウなどのハーブやスパイスで作られるリキュールで、芸術家含め多数の中毒者を出したことから一時期禁止されるまでに至りました。(現在は幻覚をもたらす…

アルード(ラルチザン パフューム)

アラビア半島の砂漠における黄昏をイメージした香水。黄金やミルラを運ぶキャラバン、全てが金色に染まる夕暮れを表現した香り。 AL OUDは2009年発表のEDP。調香師はベルトラン・ドゥショフールです。最近はウードの香り大ブレイク中の感がありますが、2009…

クールドベチバーサクレ(ラルチザン パフューム)

名前は「聖なるベチバーの心」。残念ながら廃盤となってしまっています。iBeautyStoreによると、力強く野生的なハイチ産ベチバーと、優美でフレッシュなロベルテ産ベチバーの2種類が使われています。 トップ:ベルガモット、ブラッドオレンジ、ブラックティ、…

BLANCHE(BYREDO)

BYREDO(日本ではバレード、バイレードとも)は2006年にスウェーデンのストックホルムで誕生したブランドです。創業者ベン・ゴーラムはインドにある母の故郷を訪れた際、スパイスやお香の匂い溢れる空気に感銘を受け、香りの世界へと傾倒していきました。 ベン…

BENJOIN19(LE LABO)

シティエクスクルーシブラインのモスクワ限定品です。 モスクワと聞いただけで私の頭の中ではジンギスカンの「目指せモスクワ」が空耳と共に流れ出します(歌詞はドイツ語)。もすかう!もすかう! 【1080p】もすかう ベンゾイン19はトルストイ作「アンナ・カ…

MOUSSE DE CHENE30(LE LABO)

ルラボのシティエクスクルーシブラインのアムステルダム限定品です。 クリスタルモスとクリアウッドによる「ネオ・シプレー」であると、公式では謳われています。 あらためてシプレ系についてご説明しますと、1917年にフランソワ・コティ社が発表した香水、C…

Abel(discovery set)

ニッチなフレグランスばかりを扱っている、新宿のNOSE SHOPでAbel(アベル)のディスカバリーセットを購入しました。アベルの香水全5種類のサンプルが入っています。各香りの説明が書かれた紙も入っています。 アベルは100%天然香料でできた香水を作っているオ…

LIMETTE37(LE LABO)

シティエクスクルーシブラインのサンフランシスコ限定品です。 「リメット37はルラボが位置するフィルモアストリートからベイまでの、丘のアップダウンのある道のりを真似たような、抽象的で嗅覚の構造を探求する街をさします」(公式より) サンフランシス…

アラニュイ(セルジュ・ルタンス)

セルジュ・ルタンスが2018年3月20日でボトル・価格を改定、廃盤品も多く出るというのは以前にも書いた通りですが、このアラニュイも今回廃盤になります。 [夜に]夜のとばりが降りる。白夜のような、眠れぬ夜。むせかえるような香りが生暖かい空気を満たし…

フレンチキス(ゲラン)

ゲランのエクスクルーシブライン、エリクシールシャルネルシリーズから。フレンチキス…とは所謂ベロチューのこと。なかなか大胆なネーミングですね。液体の色も大胆なピンクです。リップスティックをイメージした香り。 トップノート: ライチ、ラズベリー ハ…

TEA FOR TWO(ラルチザン パフューム)

ラプサンスーチョン。 それは、紅茶の茶葉を松葉で燻したお茶。癖のある燻香が特徴で、中国の福健省の一部で生産されています。 (飲んだことありませんが) オードトワレ フレグランスファミリー / ウッディ (スパイシー グルマン) ヘッドノート / ベルガモ…

ALDEHYDE44(LE LABO)

ルラボのシティエクスクルーシブラインのダラス限定品です。この記事では商品名はあえて英語読みでアルデハイド44、使われている合成香料は日本風にアルデヒドと書くことといたします。2013年に一度廃盤になりましたが、昨年復刻されたようです。(※海外のク…

パリエーリ

パリエーリの歴史は古く、1806年に調剤薬局スタイルのパフューマリーとして誕生し、1876年に創業者の名前であるパリエーリの名でブランドを立ち上げ、これまでずっとボディケア製品を作ってきました。2016年に創業140周年を記念し、フレグランスコレクション…

アンジェラ・チャンパーニャ

イタリアの中心部にあるアトリという職人の町で誕生したフレグランスブランド。アトリの町にまつわるストーリーが香りのテーマになっています。100mlのボトルには教会のバラ窓のモチーフが上にくっついていて、とても印象的です。お店の方曰く、香り立ちは強…

escentric molecules

大阪駅直結のグランフロント大阪南館5階にある、blissala(ブリサアラ)というお店でescentric molecules、アンジェラ・チャンパーニャ、パリエーリの3ブランドを試香してきましたので、ご紹介します。なお、blissalaにはアトリエ・コロンとダウン・パフューム…

BAIE ROSE26(LE LABO)

ルラボのシティエクスクルーシブラインのシカゴ限定品。 ベローズとは、フランス語でピンクペッパーのこと。胡椒とは何の関係性もないものの、見た目が似ていてピンクであることから名付けられているそうです。味も胡椒のような辛味があるのだとか。 ★参考:…